MENU

操体専門 Since 1995

きもちのよさでからだを整え、軸の適正化をはかる。それが、操体です。
きもちのよさを ききわけ、味わうことによって、からだは劇的に変化します。
これがからだの治癒力です。

TEI-ZAN操体医科学研究所は、東京都にて1995年開業(HP開設は1998年)。操体ではよくあることですが、一人所長のこじんまりとした操体専門施設です。

所長(代表)畠山裕美は、操体の創始者、橋本敬三先生の直弟子、三浦寛先生の直弟子(つまり、橋本敬三先生の孫弟子)です。師匠のサポートをしながらも、自分自身(D1’:ディーワン・ダッシュ。第一分析と第二分析との中間のもの)の操体の施術も、操体の講習もやっています。操体の講習は1999年から、一般向け、専門家向けに行っています。

第二分析(きもちよさに特化した操体)、第三分析(皮膚へのアプローチ)、第四分析以上の最新の操体を受けることができます。 現在操体は「第五分析まであります(第五分析は未だ未公開)。なお、第一分析、第二分析というように、操体の分析法を分けているのは、操体法東京研究会のみであり、世の中の殆どの操体実施施設は、第一分析(楽な方に動かして

瞬間急速脱力)か、あるいは言葉のみに「きもちよさ」を使った「迷走分析」が殆どです。
「操体ってきもちよさ、と言うけれど、きもちの良さがわからない」
「本を読んでやってみたけれど、よくわからない」
「介助補助のかけ方、脱力のタイミングがわからな

操体の講習では、施術とセルフケアがパッケージになった「操体施術+ベーシック講習」が一番人気です。

操体・操体法

About SOTAI

操体・操体法とは。
操体と操体法の違い(リンク)

昭和初期に仙台の医師、橋本敬三(1897-1993)がさまざまな民間療法を試すうち、高橋辿雄氏の正體術(整体とは異なる)にめぐり合い、創案・体系づけたものです。西洋医学、東洋医学とも異なる、いわば日本医学とでもいうべき未病医学に基づく、診断、臨床法です。

きもちのよさでからだを整え、軸の適正化をはかる。それが、操体です。

ボディの歪みを正すためには色々な方法があります。

昔は

  • 楽な方に動かして、瞬間的に脱力させるものがメインでした(第一分析)

現在は

  • 「きもちのよさをききわけ、味わう」ことにより、ボディの歪みを正す(第二分析)
  • 皮膚への接触(アプローチ)により、ボディの歪みを正す(第三分析)
  • 呼吸(息診・息法)を用いてボディの歪みを正す(第四分析)

そして、最新の分析法が

  • 軸の適正化をはかる(第五分析)

この他にも、足趾の操法®など様々な引きだしがあります。

 

操体 施術のご案内

sotai-treatment

操体法 講習のご案内

Sotai praivate lesson & seminar

操体の講習は一般向け、プロ向け共に1998年から開催しております。

2018年5月より、足趾の操法®集中講座は、第一、第三日曜の午前中に開催致します。

操体のセミナーの中には、
セミナー、講習専門で、実際の臨床(施術・治療)を行っておらず、操体の「やり方」のみを指導しているところもありますが、当研究所は、操体臨床(施術)、操体の講習を共に行っており、なおかつ、三浦寛先生(操体法創始者、橋本敬三先生の直弟子)の元で、最新の操体を常に吸収しております。

一通りのプログラムをこなすだけでは、本当に実力を発揮できる力はつきません。

上達のコツを丁寧に指導します。
それはとても小さな事ですが、知っているのと知らないのとでは、その後の上達が違ってきます。

★講習プログラムは半年~一年で見直しております
★現在開講中のものも、講習内容の変更、中止をすることがあります
「学びたい時が学びの時」です。

★ミドル講習は諸般の都合により、現在募集を中止しております(2014年12月)

<操体講習のご案内>

当研究所の講習の特徴

操体の創始者、橋本敬三先生の直系の弟子、操体臨床歴23年の畠山が指導いたします

  • 一般向け、臨床家剥けそれぞれに対応
  • 実践的臨床操体の指導(今使っている手技への応用)
  • 一般社団法人日本操体指導者協会、東京操体フォーラムなどとの連携サポート

一般の方、治療家、臨床家の問わず、

  • 本を読んでもわからない
  • 「きもちよさ」がわからない(楽と快のちがい)
  • クライアント(患者様)が思うように動いてくれない
  • 結果に波がある

というのは、ここ数年変わらないお問い合わせです。

どの講習を受ければいいの?という方は「操体講習の選び方」をご覧下さい

操体を受けて・学んで

操体の学び方のヒント

操体法 講習メニュー

操体施術+ベーシック講習
個人レッスン
足趾の操法®(そくしのそうほう)集中講座

操体施術+ベーシック講習
クレジットカードに対応しております。
★その他の講習でクレジットカード対応ご希望の場合は
お知らせ下さい。Paypalで可能な場合があります。

お申し込みフォーム

会場のご案内

基本的に西葛西での講習になりますが、
人数等によっては、三軒茶屋で開催の場合もあります。

FAQ よくある質問

Frequently Asked Question

お知らせ

予定

2019年5月の予定

コラム 

操体専門 Since 1995

きもちのよさでからだを整え、軸の適正化をはかる。それが、操体です。
きもちのよさを ききわけ、味わうことによって、からだは劇的に変化します。
これがからだの治癒力です。

TEI-ZAN操体医科学研究所は、東京都にて1995年開業(HP開設は1998年)。操体ではよくあることですが、一人所長のこじんまりとした操体専門施設です。

所長(代表)畠山裕美は、操体の創始者、橋本敬三先生の直弟子、三浦寛先生の直弟子(つまり、橋本敬三先生の孫弟子)です。師匠のサポートをしながらも、自分自身(D1’:ディーワン・ダッシュ。第一分析と第二分析との中間のもの)の操体の施術も、操体の講習もやっています。操体の講習は1999年から、一般向け、専門家向けに行っています。

第二分析(きもちよさに特化した操体)、第三分析(皮膚へのアプローチ)、第四分析以上の最新の操体を受けることができます。 現在操体は「第五分析まであります(第五分析は未だ未公開)。なお、第一分析、第二分析というように、操体の分析法を分けているのは、操体法東京研究会のみであり、世の中の殆どの操体実施施設は、第一分析(楽な方に動かして

瞬間急速脱力)か、あるいは言葉のみに「きもちよさ」を使った「迷走分析」が殆どです。
「操体ってきもちよさ、と言うけれど、きもちの良さがわからない」
「本を読んでやってみたけれど、よくわからない」
「介助補助のかけ方、脱力のタイミングがわからな

操体の講習では、施術とセルフケアがパッケージになった「操体施術+ベーシック講習」が一番人気です。

新着情報

PAGE TOP