自力自療:

「操体って自分でできるんでしょ」という話をよく聞きます。
はい、自分でできます。

しかし、それにはある条件が必要です。
ある条件とは「本人にしかわからない感覚のききわけには責任を持つ」ことです。

「自分でできる」という言葉を「自分で動く」と勘違いしている場合があります。
自分で動いて治るのだったら、病気になる人はいないし、
私達のような専門家はいらないハズです。

なお、一人で行う操体法を「自力自動」と言います。

操体でいう「自力自療」とは「本人にしかわからない快適感覚をききわけ、
そのきもちよさを味わう」ということです。感覚は本人にしかわかりません。
それをききわけるのが「診断(動診)」
きもちのよさがききわけられたら、それを味わうのが「治療(操法)」です。

一人でやろうが二人でやろうが、百人でやろうが、
本人にしか分からない感覚をききわけ、味わうのですから、
皆「自力自療」なのです。

なお、「本人にしかわからない感覚をききわける力(ちから)」は、
「快か不快かをききわける力(ちから)」とも言えます。これを原始感覚と言います。
現代はこの原始感覚が鈍っていることが多く、
それが様々な症状疾患の原因となっています。
原始感覚が鋭敏になっていれば、自分のからだの不調や、違和感にすぐ気づくのですが、
鈍っているためにそれに気がつかないのです。

私達操体のプロは
「原始感覚を磨く」「原始感覚を呼び覚まし、育てる」
手助けをします。そのお手伝いの中心となるのが
「きもちよさを味わっていただく」ことです。

★「操体」の大きな二つの目的

元々操体は、橋本敬三医師が臨床(患者さんと対面して診断治療にあたること)
として用いられてきました。
筋ジストロフィーの患者さん、あるいは膠原病の患者さんのからだが、
ボディの歪みを正すことによって、症状が改善していく様子がNHKで放映され、
橋本医師の元には、日本中から医師に見放されたような患者さんが集まりました。

本来、健康であれば、自力自療のセルフケアで間に合うのですが、
間に合っていない人のために、操体の専門家(医療者)が存在します。
間に合っていないレベルから、間に合っているレベルまで、
健康度合いをアップさせるサポートをしているのです。

もう一つは、健康な人(間に合っている人)が病気にならないための「未病医学」
として、生活に活かし、健康維持増進をはかるというものです。
健康体操、養生法としての指導、セルフケアなどがこれにあたります。

大雑把に考えて、
「間に合っている人向け」「間に合っていない人向け」という目的があり、
間に合っていない人は、間に合うようになるまで専門家のサポートを受け、
その後は健康維持増進のために生活に活かすということです。

また「間に合っている人」は、日々の健康維持増進にますます活かすことができ、
健康維持増進のみならず、「身体運動の法則」の体得によって、
パフォーマンスの向上などにも操体を活かすことができます。

この二つを混同しないことがポイントです。
間に合っていないレベルにある方が、自力自動のセルフケアを試みても、
悪くなることはないかもしれませんが、専門家の手を借りたほうが、
正確に、迅速に「よくなる軌道」に乗ることができます。

実際受けてみる

それだったら、受けてみれば、やってみればいいのですが、
やはり受ける前は色々心配があると思います。
その前に、どんな事をするのか、どうやって治るのか、簡単に書いてみましょう

この宇宙には天然自然の法則というものがあり、それを知ると、健康で幸せに暮らせますよ、ということ

  • 天然自然の法則を知ること(息食動想)
  • 法則違反をすると、60%くらいまでは見逃すけれど、それを下回るとボディーが歪むということ
  • どこか悪いからボディーが歪むのではなく、ボディーが歪むから悪くなるのだということ
  • ボディーの歪みを正すには「きもちよさ」が一番のくすりだということ

この「きもちよさ」を味わうために、操体指導者はどんなことをするのかと言うと、
診断分析を行います。
操体臨床の95%は「診断分析」にあるといっても間違いありません。視診、触診などです。

2010年 Sotai Forum in Madrid でのデモンストレーション。膝窩(しつか)の圧痛硬結の触診。

  • 初診の場合は、緊張の緩和と診断分析のために、足趾の操法を行ったりする(当研究所)

足趾の操法のデモンストレーション。立位でベッド、床に正座して行うこともあります。普段は床に正座スタイルが多いです

  • 一つ一つの動きを、ゆっくりと表現していただく。操者は動きの安定や連動の促進、感覚のききわけを促すために、介助、補助、言葉の誘導などを用いて助けとする
  • 感覚をよくからだにききわけていただき、きもちよさがききわけられたら、そのきもちよさを味わう。

★きもちよく動く、のではなく、ゆっくり動いて、きもちよさがききわけられたら味わう、あるいはきもちよさをききわけた後に「きもちよくからだを操って」ということ。

同じくマドリッドにて(操者三浦先生、モデル畠山)。
左上肢を前方伸展(前に伸ばす)という動きをとり、快適感覚の有無をききわけている。

同上。被験者は伏臥位。膝二分の一屈曲位にとった被験者の両足底に介助を与え、この場合は右足を挙上させることによって快適感覚の有無を問いかけている。

2010年 東京操体フォーラム in 京都のデモより。足関節の内転。

同上。被験者の両手を外転に「決め」、挙上させる。
この場合被験者は左手を挙上し、全身で表現し、
快適感覚の有無をききわけている。
後ろに立っている三浦先生の厳しい目線に注目(笑)。

  • 本人にしか分からない「感覚」をききわけていただくのが「診断(分析)」
  • ききわけたきもちよさを味わっていただくのが、「治療(操法)」
  • 操体が自力自療というのもこのため。

★自分で動くから自力自療なのではない。
自分にしか味わえないきもちよさを味わって良くなるので自力自療となる

この時、受ける人がすることは

  • ゆっくり動くこと
  • (本人しかわからない)快適感覚をききわけ
  • (本人しか味わえない)快適感覚を味わう

ということだけ。操者は色々忙しいのですが、受け手はリラックスしていればいいのです。
きもちよさがわからない、ききわけにくい場合は?

  • 最初は、足趾の操法などで「きもちよさ」をききわける練習をするのも効果的。
  • 足趾の操法は、それだけでもきもちよさを味わい、癒される臨床でもあります

急性の腰痛、あるいは動けないなどの場合

  • 皮膚へのアプローチ。刺激にならない接触によるアプローチを行います。
  • 引っ張る、押す、絞る、捻るなどの皮膚刺激ではありません。

自分でできる、家庭でできるとは?

操体に興味があるという方の話を聞くと「自分でできるから」というお話をよく聞きます。

自力自療とは」もご覧下さい。

先日、私は仙台の奥座敷と呼ばれている秋保温泉の先、秋保大滝近くにある、慈眼寺に行ってきました。
慈眼寺の住職は、塩沼亮潤大阿闍梨です。吉野の金峯山寺で修業なさり、千日回峰などの厳しい
修業をなさった方です(慈眼寺は、お葬式はせず、お墓もない、ご祈祷をする修験道のお寺です)。

2016年12月、月に2回の護摩祈祷に参加してきました。

この時に「自分でできる、家庭でできる操体とは」ということを考えました。

お家に仏壇や神棚があります。
毎朝毎晩手を合わせます。知っているお経や祝詞の類を唱えることもあるでしょうし、
お水やお花、お菓子などを供えることは、お家でできることです。

これが、家庭でできる、あるいはセルフケアの操体だと思って下さい。

そして護摩祈祷の時などは、お寺に出向くとか、あるいは護摩木を書いて納めます。
私の家などは、お盆とお彼岸にはお寺の住職がお経をあげに来て下さいますし、つい先日は父の二十三回忌をお寺で行いました。

お坊さんに例えましたが、この、お坊さんが行うような法要や護摩祈祷、これが「操体の専門家の操体」だと思って下さい。

お坊さんも操体の臨床家も、それなりに修業を積んでいるからこそ、できることがあります。

密教系の本を読むと、なるほど、と思うことが書いてあります。
護摩祈祷の際、普段から仏様を拝んでいる方には、真言(マントラ)が伝わりやすいのだそうです。

操体も同じで、普段、家でできる範囲のセルフケアをしていれば、いざ、自分では手に負えなくなって、専門家の手を借りることになっても、良くなるスピードは速いのです。

家庭で日常的にできることと、日常的にできない、あるいは助けが必要な場合はやはり違うということです。
「操体は自分でできる」と言っても、それは「健康の度合いが自力自療に適う人」なのです。

自力自療

自力自療、という言葉からは、自分の力で自らを治す、癒すというイメージが浮かびます。

それは間違いではありません。

これが何故か、いつの間にか、「自分で動けば治る」というように解釈され、
操体というものは、体操みたいなものだ、という誤解を生んでいる場合があります。

自分で動くのが操体だとしたら、世の中のヒトは何故からだを壊したり、
病気になったりするのでしょう。
自分で動くのが操体ならば、それにはある条件が必要です。

「感覚のききわけ」

操体の最大のポイントは「感覚のききわけ」を行うことによって行う診断(分析)です「感覚のききわけ」を、無視したものは、操体ではなく、単なる体操にすぎません。

それは、対なる二つの動きを比較対照し、どちらが楽かつらいかききわける、第一分析のこともあります。
一つ一つの動きに、快適感覚がききわけられるのか問いかける、第二分析の事もあります。
動けない場合などに皮膚に問いかける、第3分析の場合もあります。

★感覚のききわけに慣れていない場合には、指導者(操者)の補助が有効です。なので、私共のような操体指導者が存在するのです。最初は、感覚をききわける勉強から始め、それから自力自動(一人で行う)へと学習していくのが効果的です。

「快適感覚を、ききわけ、味わう」

感覚というのは、その本人にしかわかりません。
操体は、その人本人しかわからない感覚(例えば、動かしてみてどんな感じがするのか)を、からだにききわけ(診断に当たります)、味わう
(治療に当たります)、というプロセスをとります。

なので、ひとりでやろうが、二人でやろうが、百人でやろうが、指導者の口頭の誘導だけで行おうが、操者が存在しようがしまいが、変わりはないのです。

だから、自力自療なのです。

「きもちよく動く」のは、操法にはいってから。

  • 「楽」と「きもちよさ」の違いが分かっていない指導者が多いのが現状です。
  • 「どちらがきもちいいですか」、いきなり「きもちよく動いて」という指示を出す場合「楽」と「きもちよさ」の違いを理解されていません。
  • 操体以外の手技でしたら、それほど厳密に「楽」と「きもちよさ」の違いがついていなくても治療が可能な場合があります。しかし、操体は「感覚のききわけ」が一番重要なので、重要なポイントとしているのです。

最初からいきなり「きもちよく動いて」と言われても、わからないのは当然です。「きもちよく動いて」の指示の下には、ちゃんとした手順があります。

診断(分析)
一つ一つの動きをゆっくりと試してみる。そして、きもちよさがききわけられるかからだにききわける
「きもちよく動いて」ではなく、「ゆっくり動いて」感覚をききわけます

きもちよさ(快適感覚)がききわけられて、そのきもちよさを味わってみたいという要求の有無をからだにききわけます。きもちよさでも、味わってみたいという要求がない場合もあるからです。からだの要求を満たしていたら、そこからが「きもちよく動いて」「一番きもちのいいところまでからだのツクリを操って」「きもちよさを十分味わって」となります。これが操法(治療)です

きもちよさに全て委ねて、一番きもちのいいところで、たわめて、きもちよさを味わって、きもちのよさが消えた後のからだの要求感覚に従う(脱力)という道筋を辿ります。

自分にしかわからない感覚をききわけ(診断)、快適感覚があればそれを味わう(操法)なので、一人でやろうが二人でやろうが、三人でやろうが百人でやろうが、「自力自療」です。足趾の操法も同様です。

なので、私達は「一人操体」とは言わず「自力自動の操体」と言います。

何故、ボディが歪むのか?

皆、ボディの歪みや、偏った姿勢が良くないことを知っています。しかし、何故ボディが歪むのか?
という、ボディが歪む理由については

  • 姿勢が悪いから歪む
  • カバンを片側で持つから歪む
  • 猫背だから歪む
  • 性格?
  • 靴のせい?
  • 膝が悪いから?

など、今ひとつ理由を挙げることが難しいと思います。

「姿勢が悪いから歪む」と言えば、
「じゃあ、何で姿勢が悪くなるの?」
「猫背だから」
「じゃあ、何で猫背になるの?」
「う~ん、いつも背中を丸めて歩いているから」
「じゃあ、何でいつも背中を丸めて歩いているの?」
「う~ん・・・・」

操体では、ボディの歪みを正すことによって、二次的に症状疾患を解消することを目的にしているので、何故ボディが歪むのか、という問いに対しても明確な答えがあります。

生命エネルギーのインプットとアウトプット

人間には、他者に代わってもらえない、自律可能(コントロール可能)な営みが4つあります。

  • 息(呼吸)

  • 食(飲食)

  • 動(身体活動)

  • 想(精神活動)

これらの4つの営みのうち、「息」と「食」は生命エネルギーのインプット(入力)と言います。「動」と「想」は、生命エネルギーのアウトプット(出力)と言います。呼吸と飲食は入力であり、身体活動と精神活動は、活動なのでアウトプット(出力)になります。

この4つの営みは「同時相関相補連動性」と言います。

文字の如く、お互い相関し、補いあい、連動しています。

呼吸を例に挙げてみましょう。
立位で呼吸を試すと、足底にかかる体重が移動するのがわかると思います。息を吐くと体重がつま先側に寄り、吐くと踵側に移動するでしょう。また、深呼吸をすると胸郭(肋骨)が動きます。肋骨は脊柱を柱とした鳥かごのような造りになっているので、肋骨が動くということは、脊柱も動いているのです。

面白いのは、どれかの営みが良くなると他も良くなってきて、どれかが悪くなると他も悪くなってくる、という法則です。

操体は、主に「動」を扱うように見えますが、実はこの4つのバランスを診ているのです。現在は、呼吸(呼吸法など)の専門家、食養の専門家、身体運動の専門家、心理カウンセラーやセラピストなど、「息」「食「動」「想」それぞれに専門家がいますが、操体は「息食動想」を別々のものとしてみているのではありません。むしろ一つの事だけに固執するほうが不自然です。もっとも、からだ(自然法則)は、どれか一つの営みが良くなると、他の3つのバランスも高めてくれますが、「固執する」というのは、身体に負担がかかる運動を「努力」と称してやったり、無理な食事制限を行ったりすることです。

原始感覚

原始感覚とは、「快か不快かをききわけるちから」のことです。先程の「固執」にも通じてきますが、自分の感覚を信頼せずに、文献やデータなどを鵜呑みにするのも固執です。現代人は原始感覚が鈍りがちです。特に最近は「食」の情報が氾濫しているため、何が自然なのかわかりにくい状態になっているのではないでしょうか。

例)

からだは穀物を求めているのに、情報に惑わされて特定の食べ物でダイエットをする
その人の体質だと、お酢は控えたほうがいいのに「お酢はからだにいい」と思い、飲み続けている

橋本敬三先生は、今昭宏先生が温古堂に出勤した初日(三浦先生も同席していたそうです)

「今君、患者には原始感覚以外教えるな」

と言われたそうです。これは「きもちよさ」「快適感覚」とも、「生命感覚」とも言い換えられるのではないかと思います。操体は「原始感覚を磨く」感覚の勉強とも言えるでしょう。

呼吸は4つの営みの中で、一番生命に直結している営みです。橋本先生の「万病を治せる妙療法」に、寝る前に床の中で行う『ハラの座った男になる法』というのが紹介されています。これは、寝る前にやる「鍛錬」です。呼吸は意識して鍛錬することもかのうですが、生きている限り、意識しなくても呼吸のシステムは働いています。「鍛錬」と「不随意的」は別々に考えるべきです。

橋本先生が現役の頃の操体を、私達は「第1分析」と呼んでいます。第1分析とは、対なる二つの動きを比較対照し、辛い方から楽な方へ動かし、可動域最大か、一番感じがいいところで動きをたわめ、2~3秒後に瞬間急速脱力に導くことを言います。

橋本先生が1976年頃にホテルオークラ東京で、セミナーをされた際の白黒の映像が残っていますが、それをみると、橋本先生も、瞬間的に脱力できない患者に対して、何度も力を抜かせているのです。つまり、瞬間急速脱力は結構難しいのです。そこで、力を抜かせやすくするために、「腰から力を抜いて」とか、「息を吐きながら力を抜いて」という指導をされていたそうです。

それがいつの間にか「操体は腹式呼吸をしながらやる」「腹式呼吸で力を抜く」というように広まったところもあるようですが、橋本先生ご自身は、後年近しい弟子達に、

「呼吸は自然呼吸でいい」

と言われています。これは、呼吸に意識を起きすぎると、感覚をききわけにくくなるからだそうです。

人間の食性と歯の数を考えると、成人で親知らずを除いて歯は全部で28本になります。そのうち門歯は8本、犬歯は4本、大臼歯、小臼歯をあわせて16本です。門歯は野菜、犬歯は肉、臼歯は雑穀、海藻、果物、芋類、豆類に適しています。この割合を考えると、

犬歯4:門歯8:臼歯16=肉1:野菜2:雑穀、海藻、果物、芋類、豆類4 という割合を導くことができます。人間の歯の数を考えると、肉類1に対して野菜2、雑穀、海藻、果物、芋類、豆類4が一番適しているのではないかということです。

私の師匠、三浦寛先生は、講習で「食」の講義の際、必ず「躾(しつけ)」の話をされます。昔はどこの家も丸いちゃぶ台があり、ちゃぶ台を囲んで食事をしていました。勿論正座で、姿勢を正して食べるのです。お箸の持ち方がおかしいと、お父さんから怒られます。迷い箸も勿論怒られます。だらだら長く食べていると正座している足が痺れてくるので「しびれをこくまで食べるな」と、怒られます。ちゃぶ台に肘をついても怒られます。食事の時間はマナーを教える躾の時間でもあったのだそうです。先生は、小さいお子さんがいる受講生には、ちゃぶ台での食事を勧めています。

食べ物に関しては、本人の体質や体調、住んでいる土地なども関係してくるので、「これがいい」「あれがいい」という情報に惑わされるのは危険です。「食」は原始感覚を磨くことができる場でもあります。

「頭で食べない」というのも大事です。知人の体験談ですが、若い頃玄米菜食をやったことがあるそうです。そうすると、肌は透き通るようにきれいになり、頭も冴えてくるのだそうですが、玄米菜食をしていない人に対して、見下すような気持ちになったので、やめた、と言っていました。他にも「友達を失うか、玄米菜食するか」と本に書いていた人がいましたが、食は心の問題にも深く関わっているのです。

ある機会があり、外国の方で、玄米菜食を実行している方に会ったことがあります。遠目に見ると確かに肌は白くてきれいなのですが、間近で顔を見たとき、正直言ってぎょっとしました。まだ30代そこらだと思うのですが、顔中皺だらけなのです。加齢によってできる自然な皺ではないのです。

からだにききわけて(原始感覚を磨いて)、好きなものを美味しくいただく、身の丈にあった食を取り入れていきたいものです。

身体運動の法則

★書きかけです